シンボリクリスエスとは

競走馬名:シンボリクリスエス

血統:父クリスエス 母ティーケイ(ゴールドメリディアン)

父のクリスエスは、英ダービー馬クリスキンをはじめ、BCディスタフ馬ハリウッドワイルドキャットやBCジュべナイル勝ちのブロッコ、BCターフ勝ちのプライズドなど数々の芝・ダートの名馬を輩出。

母はゴールドメリディアン産駒のティーケイ。

新馬快勝後、名門・藤沢和雄厩舎にしては珍しくタフに使われていた。 陣営の期待に応えるように少しずつ力を付けダービーTR青葉賞(G2)を完勝。 日本ダービー(G1)へと駒を進めたが、無冠の実力馬タニノギムレットの強襲に合い無念の2着に終わった。

夏を休養に充てると初戦の神戸新聞杯(G2)で力の違いを見せつける圧勝。 菊花賞(G1)には進まず古馬戦線の天皇賞・秋(G1)へと駒を進める。 藤沢厩舎は、長距離に価値がある考えていないのと古馬に勝つことに意義を感じているので、この路線は同厩舎ではよく見られる。 ナリタトップロード以下の古馬をもろともせず完勝すると一気に本格化遂げ勢力の頂点に君臨し始める。 続いてジャパンC(G1)に参戦するも強豪ファルブラヴなど外国勢に先着を許し3着と敗退した。 しかし、有馬記念(G1)ではジャパンC国内最先着の意地を見せつけ、再度古馬を負かし一流馬の地位を不動のものとした。

古馬となってからは、疲れが抜け切らずぶっつけで宝塚記念(G1)に臨むが5着に敗退。そのまま休養し秋に備えた。秋初戦、叩き台のレースは使わず天皇賞・秋(G1)に参戦し見事優勝し連覇を成し遂げた。続くジャパンC(G1)は道悪に泣き3着に止まったが、続く有馬記念(G1)では、1.5秒差で圧勝するレースを見せ鬱憤を晴らした。こちらも前年に続く連覇となった。その後、引退を表明し種牡馬入りすることとなった。

シンボリクリスエス産駒の特徴

シンボリクリスエス産駒は、 体が大きくガッチリした体格で実にパワフル。
反面、動きが硬かったり瞬発力では見劣る。
産駒一覧

種牡馬リンク

ディープインパクトアグネスタキオンジャングルポケットフジキセキクロフネ
ブライアンズタイム ダンスインザダークサクラバクシンオーキングカメハメハ
ネオユニヴァース グラスワンダータニノギムレットシンボリクリスエス
マンハッタンカフェ アドマイヤベガスペシャルウィークタイキシャトル
ステイゴールドキングヘイロー マヤノトップガンアグネスデジタルマイネルラヴマーベラスサンデーウォーエンブレムゴールドアリュールエルコンドルパサー
フサイチコンコルド